涼しくなってもカラダがだるい?それって「秋バテ」かも | 京都山科・醍醐 松田すぽると整体院 涼しくなってもカラダがだるい?それって「秋バテ」かも – 京都 山科 スポーツ整体|スポーツ障害・疲労解消専門 松田すぽると整体院         

涼しくなってもカラダがだるい?それって「秋バテ」かも

スポンサーリンク


↑↑院長が毎日飲んでいる唯一のサプリメント↑↑
疲れにくいです!お試しください

ブログをご覧いただきありがとうございます。京都・山科・醍醐 小野駅すぐにあるスポーツ整体「松田すぽると整体院」の院長の松田多朗です。

 

カラッとしていい気候になってきたのに、何となく気が乗らないし、カラダがだるい・・・。

こんな感じになってないですか?

それは夏バテならぬ秋バテかも

 

秋バテの主な症状

①夜寝られない、もしくは寝ても寝たりない。

②カラダが何となくだるく、やる気がしない。

③食欲があまりなく、しっかり食べられない。

④手足やお腹周り、腰周りが冷える。

 

秋バテ」の原因

寒暖の差、1日の気温の差が激しいので、これが大きいと自律神経の調整が難しくなり、乱れてくる。

気圧の変化、「女心と秋の空」といわれるように、秋は天候がコロコロ変わる。特に低気圧が近づくとこれも自律神経の乱れにつながる。

夏の食生活、夏に暑いからといって冷たいものを多く摂ってしまっていると、胃の温度が下がって働きが低下してしまう。

秋の食生活、秋にはおいしいものがたくさん出回り、ついつい食べ過ぎてしまう。食べ過ぎるとガストリンという物質が出て、胃酸の分泌を促進させる。胃酸が出過ぎると、食道に逆流したり、腸に流れてしまうと今度は胃腸の動きを逆に抑えてしまい、結果、胃の働きが弱くなってしまう。

 

秋バテ」の予防法

①ぬるめのお風呂にゆっくりつかる

38~40℃ぐらいのお湯に10~30分かけてつかる。

自律神経の副交感神経優位になり、リラックスする。

 

②軽めの運動をする。

特にふくらはぎや太ももをよく動かす運動がオススメ!

ウォーキング、ジョギング、自転車等の有酸素運動やスクワット、カーフレイズ等の足のトレーニング。

静脈血還流促進やリンパの循環をよくします。

 

③食事は規則正しく3食

食前に白湯を飲む。

腹8分目に抑える

胃腸の調子を整えて、エネルギーがスムーズに使えるようにする。

食材では、豚肉の赤身や鳥の胸肉がオススメ。

 

本日のまとめ

年々、夏の猛暑というより酷暑になっていることと、気温、気圧の変化が激しい秋。イベント、催しの多い秋。おいしいものが出回る秋。これらはカラダへの影響が大きくなることで「秋バテ」が増えている。

腹8分目で暴飲暴食を抑え、軽い運動と入浴で規則正しい生活習慣にすることが「秋バテ」しないカラダをつくります。

 

 

ブログを読んで気になった方は今すぐお電話を
075-574-4976
松田すぽると整体院

ブログを読んでよかったと思ったらクリックをお願します。院長の励みになります。
↓↓↓      ↓↓↓
  にほんブログ村 健康ブログへ




カテゴリー: ├ バテる原因, 疲労

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)